MENU
福岡県の不動産市況
福岡県の不動産市況
本特集記事は、主に賃貸仲介・管理業を行う県内44社の宅建業者を対象に、2月上旬から3月上旬にわたってヒアリング・インタビューを行い、これに不動産ネット「ふれんず」のデータを参考にしながら県内主要エリアの賃貸市場の動向についてまとめたものです。
なお、これらの詳細情報は福岡県宅建協会が毎年HP上で「福岡の不動産市況」として発表しています。
北九州市門司区
地理的要因で住宅用地が不足し家賃も高額化
 JR門司駅地区には1LDKが多く供給され、新婚世帯をはじめとする需要が多くあります。住宅地が不足していることから、居住スペースが狭い割に家賃は6~7万円(駐車場込)と高めです。小倉・下関方面への通勤も便利で、シングルの多くは1Rタイプへ入居します。単身高齢者からの問い合わせも多くあります。その方達は駅近の1Rや駅から離れた2DK、または1階への入居を希望しており、エレベータのない上階の人気はありません。
小倉北区・南区
人口減少が小倉北・南区の住宅市場に大きく影響
 小倉北区の玄関口JR小倉駅南口では昨年、商業施設「コレット」(井筒屋系)が閉店しましたが、同駅南口の郵便局跡地に住居・商業施設併設の高層マンションが完成。賃貸への入居募集に3倍の申込みがあり即成約しています。賃貸物件の家賃は月20万円ほどで供給されています。しかし、北九州市全体の人口減少は、小倉北・南区エリアの住宅市場にも大きく影響しており、空室物件は古い物件を中心に増加しています。
 そのため、「敷金・礼金なし」など、入居時の初期費用が下がっています。小倉南区ではシャッター付きガレージなど、物件の特性を打ち出し、室内・外構の美観やメンテナンスに配慮した物件が注目されています。
 シングル層ではグレードの高い物件と初期費用を抑えようとする物件の二極化が目立ちます。モノレール沿線で駐車場込5万円程度で、1Kバス・トイレ別で独立洗面台、宅配ボックス、ネット無料が人気です。夫婦のみ世帯では、需要が郊外へ拡散しており、同区モノレール沿線の空室が目立ちます。車1台所有なら片野・三萩野エリアで駐車場込7~8万円。車2台の場合はモノレール・JR沿線で駐車場込6~7万円。小倉北区は築浅2LDKに集中しており、10年を超すと対象外となります。小倉南区では、車を複数台所有している層や、小倉北区の築浅に家賃が出せない層が流れる傾向です。
 ファミリー世帯では、ここ一年で郊外志向が顕著になりました。一方で小倉南区のハウスメーカー系物件が過剰供給されていることから、相対的に家賃相場が崩れ、値下げ合戦となっています。居住地選択の第一は学校区です。校区内での移動が多く3LDK・駐車場込7万円が上限です。人気のない校区では家賃の下落傾向が見られます。  高齢者は郊外の持家を処分し、中心街へ転居する傾向にあります。高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)も満室が続く状態です。物件にはエレベータと二口ガスコンロが必須です。
八幡東区
地域経済に明るい情報「八幡東田プロジェクト」
 八幡東区全体では人口減少が続いています。しかし、スペースワールド跡地の再開発計画「八幡東田プロジェクト」をはじめ、八幡東区のまちづくりプラン(北九州市等の支援事業)や市立病院の移転新築など、地域経済の好転につながる明るい情報もあり、八幡東区に居住地を求める活性材料として期待されています。一方で、住民の高齢化・人口減少とともに空き家の増加が深刻な問題となっており、居住地に適した平坦な土地が極端に少なく期待に添える大きな動きはないのが実情です。
外国人留学生にはシェアハウスや1Rタイプが人気
 人気物件は新築で駐車場が敷地内にあるもの。新婚世帯の場合はコーポタイプで駐車場2台付き。平地でバス停から近い等交通の便が良い所も人気です。1Rタイプは学生や単身の高齢者に高い需要があります。外国人留学生には、学校とアルバイト先の両方に利便性が良い街の中心地でシェアハウスへの入居者が増えてきています。また、外国人労働者の社宅として法人契約するケースも出てきています。
 家賃相場は新築物件を除く既存物件では、1R~1DKで3~4万円。2LDKは5~6万円。3DKは5~6万円。3LDKは6.5~7.5万円。新築物件ではコーポタイプの2DK~2LDKが注目されています。
八幡西区
シングル層の動きは年々減少独立洗面所、ネット無料が人気
 八幡西区のシングル層は動きが鈍く年々減少しています。設備が少なく築年数が古い物件への入居は難しくなっています。人気物件はシングルの場合、独立洗面所、ネット無料。ファミリーの場合は駐車場2台付き、ネット無料。加えて、ペット可(犬、猫)をはじめエアコンは必須条件です。
 家賃相場は、1Rは3~4万円(駐車場付き)。2LDKは5~7万円(駐車場2台付き)。3LDKは6~8万円(駐車場2台付き)となっています。
若松区
賃貸の取引件数が減少傾向
 若松区は少子高齢化による人口減少が続き、商店街の空洞化、住宅地内の空き家増加など地域の衰退化が感じられます。賃貸はここ数年、取引件数は落ちています。テナント物件なども決まりにくい状況です。長期間空室の部屋については家賃を落とし、リフォームで設備を充実させることで成約に繋げるとのことです。リフォームに費用をかけられない場合は家賃を大幅に下げる、外国人を受け入れるか、ペット可にするなどの方法で募集を図る工夫が必要です。
シングルは若松本町、ファミリーは二島・高須青葉台エリアが人気
 シングル層向け部屋の供給が少ない中、若松本町地区では戸畑エリアに比べ家賃が安く、若戸大橋・若戸トンネルの無料化により利便性が向上したことで、20~30代のシングルからの需要が高まっています。家賃帯は5~6万円ほどで法人契約で決まりやすい状況です。給湯器やシャワーなどの設備は前提で、ネット無料、エアコン付きが喜ばれます。
 夫婦2人の場合は、1LDKで駐車場が2台分確保されていれば決まりやすい状況です。
 ファミリー層の場合、4人以上の家族では間取りが3LDKか4LDKのアパート、または貸家が求められますが、絶対数が少ないため希望の物件を探すのに時間がかかります。3LDK、駐車場2台分で6万円台前半の物件もあり、戸畑区や八幡西区エリアよりも安価傾向です。二島から高須青葉台にかけてのエリアで好調な動きがみられます。
 法人は、勤務する単身者や外国人を住まわせる1LDKを探しています。工場地域に隣接する小石・東二島エリアには、古いアパートや貸家に外国人研修生が多く住んでいます。短期解約に違約金がつかないこと、そして家賃が割安な物件が人気です。
戸畑区
 需要、空室率、家賃相場に変化はありません。新規供給は個人家主減少傾向、不動産会社は増加傾向、一般事業会社も増加傾向です。
 シングル層は築浅物件を中心に動きが多く、ネット無料・独立洗面台・バストイレ別・TVモニタ付インターホンに人気があります。ファミリー向けは学校区の人気エリアを中心に横ばいで、人気はシステムキッチン・温水洗浄便座などの設備、広めのLDKと2台分の駐車場がある物件です。

PAGE
TOP